吉田ジョージの吉田屋帝国

オフィスキイワード所属タレント(司会・リポーター・DJ・気象予報士)吉田ジョージの公式ブログ。ありがた迷惑な吉田の仕事情報や、人・物・場所にこだわったエンターテイメント・コンテンツ盛りだくさん。

UFOパチンコ

f:id:jjyy:20151022221048j:plain

JR吹田駅降りてすぐのさんくす1番館1階にあるゲームセンター「おもちゃ・人形・のりもの・自転車 TOYナカムラ」にあるUFOキャッチャーはすごい。てゆうか、看板に書いてある物が一切売って無く、ただのゲーセンってのもすごいんだけど、今回は置いとく。そう、UFOキャッチャーです。左半分は通常のクレーンゲーム。問題は右半分なのです。「UFOパチンコ」と書いてあるのが見えるだろうか。

f:id:jjyy:20151022221136j:plain

UFO型のクレーン部分にアームは無く、代わりに鋭い針を装備している。この針で下部に敷き詰めている風船を狙い割るのだ。
すると、風船の中からパチンコ玉が数個、さらに下の階層へと落下する仕組み。
奥には1等と表記された昔懐かしの部屋がバッティングセンターに早変わりするピッチングマシーンが見える。「本格スピードボールに君はついてこられるか!」だって。すげー欲しー。

f:id:jjyy:20151022221220j:plain

ご覧のように最下部層がパチンコになっているのだ。なるほど、入賞ポケットにパチンコ玉を入れて商品ゲットか。

風船はかなり大きく、針で外すことはまず無い。大きさは均等だが、中に入っているパチンコ玉の数に差がある。外側から玉の数は見えない。ほとんど運、ゲームバランス悪過ぎー。わざわざUFOキャッチャーでする意味はあるのか。

しかし、魅惑の賞品につられて挑戦。俺の玉の行方は・・・、なんと6等にイン!ん? 「入賞したら店員をお呼びください」、おばちゃん呼ぶ、奥からのそのそ鍵を持って出て来る、筐体のふたを開ける。「6等ガチャポン1個やけど、兄ちゃんいらんやろ、花火でもいいで」「じゃあ、花火・・・」花火セットをゲットー!

すげーアナログなやり取りだあ。なんだか、幼少期の駄菓子屋思い出しました。いいかも。

ちなみにおばちゃんによると、このUFOキャッチャー改めUFOパチンコ、改造販売業者があるそうです。私も別の場所で見たことあり。それぞれに味のあるゲームマシンに生まれ変わっておりました。セガ知ってるのかな。
(2001.9.2)

Copyright © Since7.1999 Yoshidaya-Teikoku By George Yoshida. All rights reserved.