読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田ジョージの吉田屋帝国

オフィスキイワード所属タレント(司会・リポーター・DJ・気象予報士)吉田ジョージの公式ブログ。ありがた迷惑な吉田の仕事情報や、人・物・場所にこだわったエンターテイメント・コンテンツ盛りだくさん。

花見!?何見?

お花見シーズンも間も無く終了。今年の桜は全国的に遅咲きということで、私の住む大阪も例外でなかった。平年の開花は3月30日。気象庁発表の桜の開花予想、近畿の最終発表3月16日には大阪は3月29日、ほぼ平年並とされた。

しかし、フタを開けてびっくり、春先の低温の影響か、4月3日昼の時点でまだ開花の発表は無かった。

ところで、桜の開花日とは何をもって決定するのか。それは各地域毎に指定された桜の標本木の花が5、6輪咲いた時点で発表されるということ。

f:id:jjyy:20160506122345j:plain

それならばと、4月3日、大阪の標本木のある大阪城公園に赴いた。

大阪城西ノ丸庭園内にあるソメイヨシノの標本木にはご丁寧にも「生物季節観測用標本 そめいよしの 大阪管区気象台指定」と書いたプレートが掲げてある。誰もが触れる場所にあり、いたずらされたりしないか若干心配になる。

f:id:jjyy:20160506122409j:plain

それでは気象台職員よろしく開花数を数えてみよう。
「1、2、3、・・・6、あれ~!開花してるよ~。俺、開花宣言!」。

帰宅後に確認したが、事実、4月3日午後に大阪の桜開花が発表されていた。昨年より11日も遅い。

歴史的瞬間に立ち会った喜びを感じつつ、缶ビールを購入し、しばしひとり花見に興じる。

f:id:jjyy:20160506122430j:plain

とはいえ、私ひとりが嬉しいだけで、見頃には程遠い。

当日は開花予想日後、初の日曜日ということもあり、たくさんの団体花見客がいた。標本木の下にも数組が陣取る。

特等席のはずなのに、ちっともうらやましくない状況だ。

f:id:jjyy:20160506122444j:plain

花見客らは見るべき花が無い中、一体何を見ているのだろうか。

以下は園内を歩いての実態報告、題して「花見!?何見?調査」。

f:id:jjyy:20160506122503j:plain

天守閣の周辺にはストリートパフォーマー達。

まずは、シガーボックス演技を披露する金髪日本人パフォーマー。桜が咲いていないからこそ、余計に注目度アップで大盛況だ。 

f:id:jjyy:20160506122514j:plain

こちらは、全く動かない外国人パフォーマー、まばたきひとつしない。すごい。そして、置いてある空き缶にお金を入れると、ロボットのようにお辞儀をして握手を求めてきた。現金な奴め~。

f:id:jjyy:20160506122527j:plain

そして、土産店も盛況だ。軒先の桜も満開で、客を迎える。

造花だけども・・・。

f:id:jjyy:20160506122537j:plain

気持ち良い晴れの天気に、ふと空を見上げてあらためて気付く。

「あなたが主役でした!」

視界には、大阪城公園の天守閣。しばし、その荘厳な佇まいに感動しつつ、太閤さんの時代に思いを馳せる。

ただし、入場料600円だし、見てるだけ~。

「花見」、見るべき花が無いからこそ、むしろ見えてくるモノもある。花は無くとも見所たっぷりの大阪城公園だった。(2005.4.17)

Copyright © Since7.1999 Yoshidaya-Teikoku By George Yoshida. All rights reserved.