吉田ジョージの吉田屋帝国

オフィスキイワード所属タレント(司会・リポーター・DJ・気象予報士)吉田ジョージの公式ブログ。ありがた迷惑な吉田の仕事情報や、人・物・場所にこだわったエンターテイメント・コンテンツ盛りだくさん。

爆音ドライブ

f:id:jjyy:20161206211931j:plain

加藤電機 HORNET カーセキュリティ 純正スマートキー連動モデル 360V 360V

加藤電機 HORNET カーセキュリティ 純正スマートキー連動モデル 360V 360V

 

カーセキュリティ、ホーネットの実力恐るべし。

ラジオ生放送を終えて大竹Pの愛車ラパンでまゆげ社員と共に最寄り駅に送ってもらうつもりが・・・。

P「ダメだ!リモコンがバカになってドアが開かない。セキュリティも解除できないから、鍵で直接開けたら爆音が!」

まゆげ「鍵で開けて、すぐにエンジンかけたら警報止まると思いますよ。経験あります」

P、何度もボタン押すも反応せず、意を決し鍵でドアを開ける。警戒の爆音が鳴り響く。ここまで想定内。エンジンをかける。爆音鳴り止まず。ここで想定外。

周囲に民家のたくさんある駐車場。私にはPの目はすでにイッていたように映る。Pは車に乗ることを促す。私が助手席に、まゆげ女史は後部座席に乗り込む。爆音は止まない。パトカーっぽい音や、耳障りな音を一定時間のパターンで繰り返し発し続ける。

P「どうしよう?」
我々はもはや、窃盗団、ラパンではなくルパン一味である。

私「信号赤だと嫌ですね。止まると皆見てる」

ここからは誰が何を言ったのか。

スズキのショールームに向かいましょう。

ラパンてスズキなんすね。

何か、パトカーに乗ってるみたいすね。

ショールームさすがに閉店どうしよう?

ガソリンスタンドとか、どうですか?

オートバックスは?

呑気なセリフは概ね私だと推察される。

全て爆音を撒き散らしながら。

トミカ No.082 スズキ ラパン (ブリスター)

エネオス加古川の店員さんが飛び出て来た。「大きな音が聞こえてから随分経ちますが、うちの店に近付いて来たので!」

「止まらないんです!」

どうしてこうなったのか?どうするべきかなど、優しく優秀なスタッフさん達はまゆげ嬢に聞き込みする。

大竹Pは、一見冷静に対応しているように見えたが、実は半ばパニック状態で各方面に電話。まゆげは自分の提案が裏目に出たことへの責任感にとらわれていたのだろう。

私だけ我がこと感が薄くて、その非日常を楽しんでいたのかもしれないし、周りからそう見えたのかもしれない。そうはいっても、爆音走行中は確かに私も焦っていたのです。

優秀なエネオスのクルーたちがバッテリーを外し、爆音は止まった。しかし、バッテリーを戻せば響く爆音。

メーカーさんと電話を繋ぎ、何度も解除を試みるが失敗。現地に来てくれることに。そして、完全解除に成功!

窃盗団結成から2時間。やっと爆音は止み、協力頂いた皆さんにお礼を言いながら発車。

私「ここでもう一回、爆音鳴るのが大オチなんすけどね」

P&まゆ「要らんわっ!」

注意:事実を元に脚色しています。(2014.6.28)

Copyright © Since7.1999 Yoshidaya-Teikoku By George Yoshida. All rights reserved.