吉田ジョージの吉田屋帝国

オフィスキイワード所属タレント(司会・リポーター・DJ・気象予報士)吉田ジョージの公式ブログ。ありがた迷惑な吉田の仕事情報や、人・物・場所にこだわったエンターテイメント・コンテンツ盛りだくさん。

キラキラしていた「オザケン」小沢健二と僕。

オザケンの存在を初めて認識したのはフリッパーズ・ギターの「恋とマシンガン」だ。僕は20歳の大学生、「予備校ブギ」というテレビドラマの主題歌だった。その前年まで予備校生だったので、共感とあきらめの気持ちの中でよく見ていた。


Flipper's Guitar - 恋とマシンガン (Young, Alive, In love)

その後は小山田圭吾、コーネリアスの方に流れて行ったので、小沢健二をそれ程知らなかったし、知ろうともしなかった。でも、キラキラした言葉をど正面からどポップなメロディーに乗っけてくる、どキラキラした王子様キャラクターをうざいとは思っていなかった。

f:id:jjyy:20170304095407j:plain

僕にとっては新曲「流動体について」発売を知り、近所のCDショップ(ダウンロード購入で良いのに、無しかよ)を訪れたのも、それほどおかしなことではないのだ。

f:id:jjyy:20170304095444j:plain

改めて過去購入したCDの中から、名盤「LIFE」を探して聞いてみた。

f:id:jjyy:20170304095510j:plain

東大出て深津絵里と付き合ってたオザケンは2歳しか年上でないので、今48歳か。人生のステージが違い過ぎて改めて少し凹む。

f:id:jjyy:20170304095542j:plain

そもそもがあなたはキラキラし過ぎていた。でも、ちょっと老けて、Mステではちょっと声も出てなかったので、ちょっと安心した。同じ人間なのだね。

f:id:jjyy:20170304095606j:plain

「ジャストミーーーーート!」かと思ったし。


小沢健二 - 愛し愛されて生きるのさ

やはり名曲。(2017.3.4)

Copyright © Since7.1999 Yoshidaya-Teikoku By George Yoshida. All rights reserved.