吉田ジョージの吉田屋帝国

オフィスキイワード所属タレント・気象予報士・個人事業主 吉田ジョージの公式ブログ。ありがた迷惑な吉田の仕事情報や【人】【物】【所】【文】【俺】にこだわったエンターテイメント・コンテンツ盛りだくさん。

【四日目の一】199X年2月、大阪・上海間を船上4日、中国旅行12日間の手書きメモが出て来た!

新型コロナウイルス流行で中国旅行どころではないが、20年以上過去の中国旅行記録メモを発見したので紹介したい。

f:id:jjyy:20200213125209j:plain

199X年としたのは、メモに残る月日と曜日から1998年と推定したが、当時はまだ携帯電話を持っていなかった記憶が鮮明にある。auの記録から、私は23年10カ月前より携帯電話を所有していたことがわかる。となると、1997年より前ということになる。しかし、メモに記載の日付と曜日が一致する年がない。私が20代半ば頃だったとは思う。大阪と上海を結ぶフェリーの、片道2日間、船上に往復4日間滞在の二等客室貧乏旅行。旅先で書いたメモが出て来たので原文ママで紹介、今の私のツッコミを【 】内に記そう。

f:id:jjyy:20200216221310j:plain

四日目 199X年2月6日(金)

中国大陸上陸2日目。すでにこの国に辟易している。2度と来るかバカヤローと叫ばんとしている。

AM7:05、ヒロに布団を引っぱられ起床。今日は朝から別行動の予定。ヒロは上海博物館へ。僕は、かの魯迅さんの記念館、及び公園へ。ルームキーはヒロ。PM2:00部屋に戻る約束をし、出発。(その前の朝食。これまたサイテー。灰臭いおかゆなど。)

ドアを開けるとルームキーパーの兄ちゃんが気持ち悪いくらいの笑顔で「ニーハオ」。(你早【おはようの意味】じゃなくニーハオ【こんにちはの意味】。)何やこいつと思う間もなく「ちょっとまってて」。おそらく昨日のことやろう(タバコ紛失事件)と思い待つ。ルームキーパーは電話をかけている。何やら怒っている様子。しばし待つ。おえら方(1人)【偉い人】登場。上司に電話しておこってるわけないのだが、後にヒロとも確認したが、中国の人はふつうにしゃべっていてもおこっているように聞こえるのだ。どなられていると思いふり向くことが度々有った。

おえらいさん【お偉いさん】とヒロのEnglish Talkがはじまった。部屋へ案内し、状況説明。うちのものはそのようなことはしていないと言っていると言い、はなから認めていない。うやむやにされると思っていたのでちょっと意外ではあった。しかし、まあ日本的常識から考えれば、こんな場合、フルーツ盛り合せでも持ってきて、この様なことは二度と起さないよう云々・・・とあるべきやと思うのだが。【今は思わない】途中、ルームキーパーと中国語でやりとりをしている。ルームキーパーの彼は半泣き状態。首にするとでも言ったのであろうか、彼にとっては死活問題。おえらいさん【お偉いさん】は最後まであやまらんつもりかーと思っておったところ、ヒロのまあーそうことを荒だてずともの1言でアイムソーリーソーリー言いよった。早よいえちゅーねん。

やっと再出発。30分くった。中国にさらに絶望。

ホテルもよりの陝西南路【せんせいなんろ駅】より地下鉄。ヒロは2つ目、人民広場【駅】下車。僕は終点、上海駅。上海駅前は、大きな荷物をかかえた国内旅行者(お上りさん)が多くいて、僕を中国人と感違い【勘違い】して道を聞いてきたりして、ちょっと優越感。駅前、デパートを回り、駅売店で地図、明日のための時刻表を買い(¥8.00=¥120)(なぜか、元の表示は¥いっしょねー。ユワンだから?【そのようだ】最初とまどったある)、さあロジン【魯迅】公園に向けて出発。歩く。しかし、遠い。15~16kmはある【そんなに歩くの?】。歩き出した瞬間にストップウォッチスタート【なぜ?】。歩く歩く。道中、バイクにひかれそうになる。しかし、「気をつけろこのガキやー」とか「どこに目エつけとんねんー」とかは言われませんでした。ちなみに中国では自転車も車といっしょ、どうどうと車道の真中走ってる。多いのがタクシー、そして、助動車というエンジンつき自転車(ペダルあり)、原付【バイク】。人々は4車線の道路を横断するとき、1車線づつ車をかわしながら渡るのだ。こえー。僕も調子ぶっこいていたらひかれそうになったっス。

CD屋に入る。メインはカセットテープ。のりピーのがある。チャゲアスも!そして、少数のCD、そしてそして、びっくりこいたのがVCDというシロモノ。こいつがカセットと同じ、もしくはそれ以上に置いてある。絵の出るCDやと思うが、これメッチャ普及してるらしい。”VCD机(デッキ)”の看板多し。そーいや、アジア向けのプレステはVCD対応らしいです。

歩きに歩いて1時間半【電車乗った意味ある?】、ついぞロジン【魯迅】公園見つからず。【マジでっ?】上海駅前にてデパートのきっ茶店へ。「プリーズ、コカコーラ」と言ったが通じない。店員はロコツに嫌な顔。コカ・コーラはほとんどの中国人わかるんだけど、中国読みは微妙に違うのだろう。もういーやと思い適当に指さしたら、ホットコーヒー出てきた。まあまあうまかった。しかし、ホンマにいまだやさしい中国人に出会っていない。みんな冷たい。日本人は海外の人には過剰な程、親切だと思う。かくゆう私もそうだ。中国人はなぜつめたい。期待したらあかんのか。

【まだ絶望の中の様子。この日のメモはまだ続く。】

Copyright © Since7.1999 Yoshidaya-Teikoku. All rights reserved.