吉田ジョージの吉田屋帝国

オフィスキイワード所属タレント・気象予報士・個人事業主 吉田ジョージの公式ブログ。ありがた迷惑な吉田の仕事情報や【人】【物】【所】【文】【俺】にこだわったエンターテイメント・コンテンツ盛りだくさん。

【八日目】199X年2月、大阪・上海間を船上4日、中国旅行14日間の手書きメモが出て来た!

新型コロナウイルス流行で中国旅行どころではないが、20年以上過去の中国旅行記録メモを発見したので紹介したい。

199X年としたのは、メモに残る月日と曜日から1998年と推定したが、当時はまだ携帯電話を持っていなかった記憶が鮮明にある。auの記録から、私は23年10カ月前より携帯電話を所有していたことがわかる。となると、1997年より前ということになる。しかし、メモに記載の日付と曜日が一致する年がない。私が20代半ば頃だったとは思う。大阪と上海を結ぶフェリーの、片道2日間、船上に往復4日間滞在の二等客室貧乏旅行。旅先で書いたメモが出て来たので原文ママで紹介、今の私のツッコミを【 】内に記そう。

f:id:jjyy:20200219234309j:plain

八日目 199X年2月10日(火)

【一人で】無錫【むしゃく】

南京での3日間は楽しかった。上海での絶望に近いものを取り去ることができたようだ。

日記を書く間もなかったので記憶のあるうちにというか、鮮明なものから書いてゆこうと思ふ。【仮名遣い!】よって2/10。今日は朝7:00、自力で起きる。「ひとりで起き【ら】れるもーん」を主張。毎回、いろんな起こされ方されるのおもろかったけどね。ヒロ、夢の中で吉野公佳といたす。【知らんがな!】

雑技団のチケット確認Tel後、出発。ヒロは蘇州へ。私は南京新街口【しんがいこう】のデパートの茶店で絵ハガキを書いて、鼓楼の郵便局へという予定。そのデパートの茶店は3回目。おそらくブレンドコーヒーと思われる総合コーヒー【調べても不明】注文、20元【300円】。一緒に写真をとったあの娘っ子おらず。“Please Come Again!!”と言ってたのに、ちょっと残念。1時間程、茶店で過ごして、鼓楼へ。

中国は昼時はケーブルカーさえ止まるので急ぐ。11:30、郵局到着。“Air Mail OK?”ってな感じでコミュニケイト。中国内向けの切手のスペースでは足りず、窓口のお姉さんは字のいっぱい書いたハガキのどこに切手を貼るかめっちゃ困っている様子。ソーリーソーリー笑顔で言ってみる。笑顔で返してくる。みんな聞け!笑顔は世界共通言語だ。【高橋優より早い!】SMILEでいこう。SMILEあふれる世界にしよう。わかってんのか、てめえ💢。いやっ、・・・笑顔、笑顔☺。そうそう、それで郵局の姉さんに「無錫はどないや」【何でそんな言い方?】ときいてみる。「Beautiful!!」と答えてくれた。うんうん、そうかそうか。中国から日本へAir Mailを送るのも「ひとりでできたもーん」と小学生並みの満足。

いざ、南京站【駅の意味】へ!そして、次なる難関、電車の切符である。いわゆるグリーン車、軟座の窓口は別なので、混雑とは無縁なのだが、時刻表など、ごっつい複雑かつ不便かつ不親切。目的地、車番号、席の種類など書き、窓口へ。やっぱ、なんやかんや、ゆーてる。ようわからん。すると、近くの中国人の方が、「I can speak English.通訳したろ」と名乗りでる。Lucky!日本語やったら、もっとスーパーラッキーやけどAnything OK!なんとかT2なるきれいなトレインのチケットget!!Thank You、謝謝!!なぞの中国人。You are Welcomeまで言いやがって。ひとりでできたもーんなんていえないね。皆のおかげさ。なんていいやつばっかりの南京、さようなら。再見!!

待合室に入り、ホームは何番かなーと電光掲示板を見ていると、背後から「Are You Japanese?」と聞いてくる。何や!と振り返ると、何とミスターヒロ。おまえ何しとんねん、早よ出たやないか!ごっつい不本意そうな顔のヒロ氏。早い時間の切符は手に入らなかったらしい。同じ電車の同じ車両であった。

無錫には15:00着。いつものようにまず地図を購入、ホテルをさがす。中国飯店なるホテルへ。しかし、笑顔でことわられる。外国人はだめなのか、予約いっぱいなのか。そして、駅(站)の近くのめっちゃ豪華そうな、きれいなビルのホテルへ。んー、高そうだ。正面まで行き引き返す。ちょいと不安が芽生えてきた。ふと見上げるときれいな高層ビルに泰山飯店、たれ幕に“1泊180元”とある。本当なら1泊2700円。フロントへ行く。世界各地の時刻が時計で示してある。が、1時間しか時差のないはずの日本の時刻、ぜんぜんあってない。ルーイーホテルもそうやった。しかし、外国人OKやなと判断。ホンマに1泊180元だ。筆談で確認。いやっほー、部屋は11階(24階建て)ながめ良し。部屋はツイン(中国はほとんどそう。)なので二人でくれば一人、日本円で¥1,350円。安ーーーー!ホテル探し、所要時間20分。順ちょー順ちょー。ひとりでできたーーーー。

時刻は16:30。せっかくやから站【駅】に12日の電車の切符を予約しに行く。これもなんと、窓口の人、英語a little OKで即OK、予約完了。ひとりでできたーーーー。すばらしい。

おなかがすいたので、中国飯店【こっちはレストラン】という食堂へ。食券購入制らしいので、欲しいものを紙に書いてレジへ。すると、オバちゃん、けげん【怪訝】そうな顔で止まっている。コーラ2元【30円】、春巻3元【45円】、辛いラーメン4元【60円】、私は10元札を出したのだ。しばらくすると、9元分の金券と1元のおつりをくれた。あーそうか、食券じゃなくて、金券なのね。オバちゃんはいっしょけんめい値段を思い出していたのね。謝々。金券を手にしてラーメン、コーラget。すげえ投げやりな態度のお姉ちゃんに対し、もはや動ずることのない私であった。ものすごく汚そうなはしでラーメンくう。めっちゃ量多し。コーラ2元、ラーメン4元、はらいっぱい。計6元、日本円にして90円。金券3元は持ち帰る。【春巻どうした?】

ブラブラ街中歩く。ちょいと迷うが、動物的勘でホテル前へ。無錫旅情という歌がありましたが、街は演歌とは程遠い都会でした。ホテル前をうろついているとオバはん話しかけてくる。最初、無視するがしつこいのでてきとーにあいそ笑いしとく。次はおっさん話しかけてくる。どうやら、両方、ホテルのキャッチのようだ。ホテルのルームナンバーカード(キーはついていない)を示したら、あきらめたようだ。

ホテル帰る。部屋で日記を書く。以上。ひとりでできるもーんの1日であった。明日は太湖へ。大自然にふれたい。できればジャパニーズに出会いたい。

♬︎ピーター・アンドレ / Third eye blind 美国【たまに曲名がメモしてあるが不明。】

そういえば、ナンバのオッサンもようはなしかけてくる。大阪人は信号無視する。信号カウントダウン(中国には車用に大きな交差点にはほとんどある)もある。クラクションもならす。大阪って一体。(よくしゃべる。声でかい。)

街中で犬はまだ2匹しか見てない。食っちゃうからか。【知らん。知らん。】

【長文お付き合いすいません。次回もお楽しみに!】(2020.2.19)

Copyright © Since7.1999 Yoshidaya-Teikoku. All rights reserved.