吉田ジョージの吉田屋帝国

オフィスキイワード所属タレント・気象予報士・個人事業主 吉田ジョージの公式ブログ。ありがた迷惑な吉田の仕事情報や【人】【物】【所】【文】【俺】にこだわったエンターテイメント・コンテンツ盛りだくさん。

【九日目の一】199X年2月、大阪・上海間を船上4日、中国旅行14日間の手書きメモが出て来た!

新型コロナウイルス流行で中国旅行どころではないが、20年以上過去の中国旅行記録メモを発見したので紹介したい。

199X年としたのは、メモに残る月日と曜日から1998年と推定したが、当時はまだ携帯電話を持っていなかった記憶が鮮明にある。auの記録から、私は23年10カ月前より携帯電話を所有していたことがわかる。となると、1997年より前ということになる。しかし、メモに記載の日付と曜日が一致する年がない。私が20代半ば頃だったとは思う。大阪と上海を結ぶフェリーの、片道2日間、船上に往復4日間滞在の二等客室貧乏旅行。旅先で書いたメモが出て来たので原文ママで紹介、今の私のツッコミを【 】内に記そう。

f:id:jjyy:20200222115113j:plain

九日目 199X年2月11日(水)

【一人で】無錫


伍佰 Wu Bai&China Blue【樹枝孤鳥 Lonely tree,lonely bird】Official Music Video

♬︎伍佰 / 樹枝孤鳥【たまにある曲メモはどうやら現地で聞いた歌のようだ】

g. b. dr. key.【バンド編成?】

朝7:00。アラームも鳴っていないのに起床、エラい。

4楼(階)にてホテルの朝食。だいたい予想はついている。肉の皮の何も入っていないもの【意味不明。】と黒い液体でゆでたたまご。そして、きんぴらごぼうのようなもの。おかゆ。んー、やっぱり予想どおり。今日はギョーザはなし。何も入ってない肉マン有り。【何でわかる?】パクと食べる。が、なんとあん入り。【言ってることにびっくりするわっ!】あんマンや!ちょっとうれしい。今日は【これまで】気持ち悪がっていたゆでたまごも食す。【感想ないのな。】

ずいぶん早起きではあったが、出発は10:00前。今日は太湖【たいこ】の元頭渚【げんとうしょ】へ行く。1路【路線】のバスで終点まで。バスは南京で乗り慣れていたが街が違うだけに不安もある。1路のバスはすぐ見つかり乗り込む。まあ、一応確認するかと思い、切符販売乗務員らしきおっさんにバス路線図を見せ、「元頭渚」を指さす。おっさん、わけわからん様子。ふつうの客のようだ。【自分の間違いを認めろ。】すると、すぐ後の若人が声をかけてくれる。間違いないということ。料金はどうなのだろうと思い一元札を出して見せてみる。うなずいている。Anything OK【口癖なのか?】のようだ。しばらくすると、というかお客さんが一杯になると、バスが出発した。バスは始発と終バス以外は絶えず往復しており、時刻表のようなものはない。

バス停を2つ程こえると、先程の若人男性が呼んでいる。行くと、自分の席をあけ、座れという。【俺、座ってなかったんだ。表現力よ!】とりあえず、好意に甘えてみる。謝々。その若人は次のバス停でおりるようだ。なんて親切ないいやつ。おまえはいいやつに認定する。【上からだな。】涙でそうになった。謝謝。元頭渚ではもっとからんでいくぞ、といきごむ。

バスは終点元頭渚直前、いきなりバス止められる。何事かと思い、前を見るとなんと大木が道をふさいでいる。おい、どーすんだ。この間、私は切符を購入(今頃)。1元5角だった。おい、若人!!

しかしまあ、運転手は女性なんだが、中国では珍しくもなんともない。街には働く女性があふれている。田島センセイ【田嶋陽子先生】大喜びのフンイキありありなのだ。それに人件費、やすいのかどうなのか、ホテルには1フロアに2~3人常にいるし、レストランには、日本なら2人でいけるだろうところに10人はいる。仕事もないだろうから、すげーしゃべってる。

運転手の女性と乗客の1人が日本なら10m先の人と会話しているような【声の】大きさでおしゃべりしてる。15分くらい後、木の除去が終わり、バス再出発。

すぐ元頭渚公園につく。到了、到了。【タオラ。着いた】入口はすぐなのだが、料金がよくわからない。“地球の歩き方”には17元【255円】とあるが、40元【600円】or45元【675円】とある。とりあえず40元のチケット購入。切り離す箇所が4つある。遊覧船などの乗り物券がセットのようだが、あー4回もめんどーなことがありそうだ。【つづく】(2020.2.21)

Copyright © Since7.1999 Yoshidaya-Teikoku. All rights reserved.